釣り道具

さあ!釣りに出かけましょう!って道具がないと始まりませんよね。。

ここでは初心者向けの釣り道具をまとめてみました。

※紹介している全てはあくまでも管理人がおススメする道具に過ぎません。。

turig

まずはじめに一番大切な道具「竿」から紹介しますね!

ウキ釣り、フカセ釣りは磯竿、上物竿と呼ばれている竿を使用しますっ。

各種メーカーさんから色々な竿が出ていますが、それぞれの特徴がります。

そんな中からこれから釣りをはじめたいという方におススメを各メーカーごとにピックアップしてみました。

■磯竿

ダイワ大島磯

ダイワの大島磯(おおしまいそ)2号。この竿の前のクレッサ大島を管理人は2本目の竿として使用していました。

操作性、パワーともによかったです。現在のモデルは更に優れていると思います。

シマノラディックス磯

シマノのラディックス磯。弟が現モデルを使用していたので少し使ってみましたが値段のわりには使いやすい印象でした。

竿の特徴などは各メーカーホームページにてご確認くださいね。

3万はな~って思いますが、管理人はこのクラスの竿をおススメします。

いろいろ理由はありますが、竿のパワー、操作性などがあげられます。5千円くらいから磯竿はありますが、パワー・操作性は格段に違います。

また、すぐ釣りになれてパワー不足を感じ新しい竿の買い替えを考えると思います。安い竿だと雑に扱いかねない上に、竿を破損した場合には竿と同等の値段になることもあります。

その点、3万円前後の竿は保証書がついており購入から1年以内は1回のみ修理が3千円程度で行える保証期間がついているので、すぐに破損しても1回は修理できるのでその点もおすすめの理由です。

■リール

ダイワプレイソ

ダイワのプレイソ2500LBD。特長は軽くて強い、レバー部分を簡単にカスタマイズできる。

ラリッサ

シマノのBB-XラリッサDHG。特徴は巻上!ハンドルを1回転すると約90cmの糸を巻き取ることができる。

早く糸を巻き取ることができると、仕掛けの回収や魚を釣り上げる際の動きが少なくなるということですね。

こちらもなかなかのお値段しますが、リールはレバーブレーキ付のリールをおススメします。大きな魚がかかった時魚の力が強いので、糸が切れないよう竿を持っている片手で糸を出す事が楽に行えるからです。

各社特徴が違いますので希望に合ったリールを選ぶことが重要といえますね。。

 ■バッカン

ダイワバッカンシマノバッカン

バッカンとは魚を寄せる為の撒き餌さを作る入れ物の事です。

各社から様々な機能・デザインで発売されています。大きく異なる点は大きさと硬さです。

大きさも用途によって様々ですが、どれくらいの撒き餌を作るかによります。あまり大きすぎると持ち運びも大変ですし・・・大体40cmの大きさであれば大丈夫だと思います。離島・沖磯などに出かけることがあれば40cmはあった方がいいです。

また、ソフトバッカン・ハードバッカンなるものが存在しますが、私はハードをおススメします。安定してまっすぐ立っていてくれるので撒き餌が撒きやすいです。また、ハードの方が断然丈夫なので長持ちします。

管理人はほぼデザインでバッカンを決めております。

バッカンと合わせてヒシャク(撒き餌を撒く道具)も忘れずに!落下防止のコード付なんかがおススメです。

■ロッドケース

ダイワロッドケースシマノロッドケース

ロッドケースは大切な竿やリールを雨や傷から守る大切な役割があります。

ソフトとセミハード・ハードとありますが、セミハードがおススメです。

まあ無くても釣りはできるのですが、竿は傷がついたところから折れやすくなるので少しでも竿を傷から守ることをおすすめします。

■フローティングベスト

ダイワベストシマノベスト

 フローティングベストは大事です!

仕掛けや小物を収納できるだけではなく、万が一海に転落した時に救命胴衣の様に浮きますので大事です!

釣りに行く際は必ずフローティングベストを着用しましょう!

■クーラーボックス

シマノクーラー ダイワクーラー

クーラーボックスは無くたって釣りはできるのですが、夏場は冷たい飲み物が必須です。できればあった方がいいと思います。

サイズは上記2パターンがおススメです。もち運びの良さと魚を入れる容量を考慮して選ぶといいでしょう。

これまで紹介した道具をネットで購入するもよし、実際に釣具屋さんに行って店員さんにアドバイスをもらうもよし!いろいろ参考にしてみてください!

ここまで読んで頂きましてありがとうございますっ!さあ、これで大体道具がそろいましたね。次は小物類は仕掛け編で仕掛けの作り方と一緒に紹介したいと思います。

>仕掛け編